新到着 タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ 本店 デジカモ バイク用バッグ モトフィズ ツーリングバッグ 容量:39-59L TANAX

タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ(デジカモ) TANAX モトフィズ バイク用バッグ ツーリングバッグ 容量:39-59L

6407円 タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ(デジカモ) TANAX モトフィズ バイク用バッグ ツーリングバッグ 容量:39-59L 車、バイク、自転車 バイク バイク用バッグ シートバッグ、リアバッグ 新到着 タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ デジカモ バイク用バッグ モトフィズ ツーリングバッグ 容量:39-59L TANAX バイク用バッグ,/Bambos1376379.html,MotoFizz,モトフィズ,ツーリングバッグ,6407円,TANAX,容量:39-59L,MFK-101C,タナックス,i-automir.ru,車、バイク、自転車 , バイク , バイク用バッグ , シートバッグ、リアバッグ,フィールドシートバッグ(デジカモ) バイク用バッグ,/Bambos1376379.html,MotoFizz,モトフィズ,ツーリングバッグ,6407円,TANAX,容量:39-59L,MFK-101C,タナックス,i-automir.ru,車、バイク、自転車 , バイク , バイク用バッグ , シートバッグ、リアバッグ,フィールドシートバッグ(デジカモ) 6407円 タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ(デジカモ) TANAX モトフィズ バイク用バッグ ツーリングバッグ 容量:39-59L 車、バイク、自転車 バイク バイク用バッグ シートバッグ、リアバッグ 新到着 タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ デジカモ バイク用バッグ モトフィズ ツーリングバッグ 容量:39-59L TANAX

6407円

タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ(デジカモ) TANAX モトフィズ バイク用バッグ ツーリングバッグ 容量:39-59L

【送料無料】【代引手数料無料】
TANAX MotoFizz MFK-101C
・容量:39-59L
・ベルトカラー:グレー

ポイント超おトク
見なきゃ損?!ポイントが超オトクになる情報はこちらから!





色・材質 :カラー:デジカモ(ベルト部分:グレー)
サイズ  :310(H)X470(W)X310(D)mm(最小時)
      310(H)X670(W)X310(D)mm(最大時)
      ※横(W)サイズはサイドポーチを含みます。
容量   :39〜59L
部品構成 :・固定ベルト・レインカバー・接続バックル
      ・ショルダーベルト・ホルダーベルト



長距離〜中距離のツーリングに最適!!

■積みやすい大きさに機能が満載。
■インナーフレーム構造で積載時のバッグ形状が崩れにくい。
■取付けベルトは汎用性が高く、締込み易い構造


・ホールディングコード:衣類やグローブなどの、不意に増加した荷物の積載に便利な、ホールディングコードを装備。
・上面収納袋:本体の荷物を崩さずに、不意に増加した荷物の積載に便利な、収納袋を本体上面に装備。
・Dリング:別売のツーリングネットを利用する事によって、大型のキャンプ道具などの積載が可能。
・ボトルホルダー:500mlペットボトル対応サイズのボトルホルダーを装備。底部に雨の時用の穴も装着。
・ホルダーベルト:キャンプ用マット、テント、三脚等長い物の積載に、様々に活用できるホルダーベルト。
・インナーフレーム構造:積載時に重量負担のかかる下部に、樹脂製フレームを内蔵。
・両サイドオープンファスナー:バッグ上部に荷物があっても、荷を崩さずに両サイドから荷物の出し入れができるサイドオープン形式。内側にメッシュのインナーポケット付き。
・固定ベルト:ベルトの長さ調整だけで簡単確実に取付ける事ができる。汎用性の高い固定ベルトを採用。取り外し後の固定ベルトは付属の接続バックルで、車体に取付けておく事が可能。
・レインカバー付属:積載時に重量負担のかかる下部に、樹脂製フレームを内蔵。


タナックス MotoFizz MFK-101C フィールドシートバッグ(デジカモ) TANAX モトフィズ バイク用バッグ ツーリングバッグ 容量:39-59L

これまで、CB400SFでの日帰りツーリングの際に、気温差や雨対策のため、手回り品の他に雨具や衣類などをウェストバックと防水リュックで携行していましたが、荷物が増えることがあり、シート積載するのがベターと考えました。日帰り・宿泊ツーリング兼用のシートバックとして、中程度の容量のこのバッグを選びました。デザインが気に入ったので、最新モデルではなくこの製品を選びました。簡単脱着のKシステムベルト対応の製品が良いかとも思いましたが、積載量多めのモデルは安全のためか対応していないようです。CB400SFの場合、ベルトの長さ調節は必要ですが、車体のフックとグラブバーの利用で、スムーズに装着できました。拡張すれば、テントやグランドシート、シュラフ、キャンプマット、簡単な調理器具等も本体内に収まりました。防水カバーや積載の仕方を変えることを考えて、大きめのツーリングネットは追加購入しています。
キャンプ用に以前は大型のリュックをシートに縛り付けてましたが、バイク乗り換えに合わせ以前より欲しかったコイツを購入。イス、テーブル、長めの荷物も外に括り付ける事無く呑み込んでくれ、ひとつに収まり大満足です。 デジカモの色合いも渋めで紹介写真より実物のほうがいいカンジです。 人気が有りよく見かけるだけあって良く出来てます。永く使用できそうです。 注文ID 10029827
今まで使用してるディトナHenlyBegins ツーリングシートバッグ DH-718の上に積み上げるバッグを探してて選びました。 大きさの割に値段も超手ごろでpaypayのバックを踏まえて12000円台で購入できたのは魅力です。 ツーリングネットやロールシートを使用する場合の応用にも対応できてよかった。 あえて使い勝手の悪さを言えば雨天時のレインカバーをもっと大型にして内部にロールシート等が収まる位の余裕が欲しかった。
所有のミニフィールドシートバッグの容量が、私の使用目的には少し物足りなく(サイドは広げません。日帰りのみ)今回、素材の違う(黒と比較して)このデジカモにしました。大満足です。容量も多くカメラも余裕で入ります。日帰りツーリングが主体ですが、目的によって使い分けします。今回の商品は片方の拡張用ファスナーが不良の為、拡張ができません。どうもYKKのファスナーが原因の様です。(当商品は不良品です)タナックスの製品管理に疑問を感じます。私の使用目的には何ら問題は有りませんのでこのまま使用します。広げて使う人にはこの様な商品は交換ものでしょうね。あまりにも出来の良い商品だけにこの事を差し引いても「非常に良い」と評価致します。
イベント
EVENTS
ニュース
NEWS
お知らせ
メディアの中の高知大学
2月18日
◆大学院総合人間自然科学研究科地域協働学専攻1年生の仲田和生さんが、 日本地域学会第58回年次大会において優秀発表賞を受賞しました広報戦略室
2月14日
◆JAXAはやぶさ2プロジェクトから感謝状が贈られました広報戦略室
2月10日
◆地域協働学部3年生3名の作品が、「子供たちに勧める本のPOPコンテスト」において入賞しました広報戦略室
2月4日
◆「学生等の学びを継続するための緊急給付金」二次募集開始について広報戦略室
2月3日
◆第18回金融教育に関する実践報告コンクールで、本学教育学部附属特別支援学校の安岡知美教諭が特賞を受賞しました広報戦略室
1月31日
◆「教えて!ドクター 家族の健康」に、医学部腫瘍内科学講座の佐竹悠良教授が出演します広報戦略室
1月28日
◆令和4年度大学入学者選抜における受験機会のさらなる確保と相談窓口の開設について広報戦略室
1月28日
◆大学生協店舗の営業時間の一部変更について広報戦略室
1月26日
◆高知大学ホームカミングデー2021〈特設サイト公開!〉広報戦略室
1月25日
◆医学部医療学講座(医療管理学分野)の小林道也教授が「令和3年度国民健康保険関係功績者厚生労働大臣表彰」を受賞しました広報戦略室

高知大学ピックアップ情報

PICK UP

学生一人ひとりに合ったキャンパスライフをサポート!学生総合支援センター
新しい学び、初めての経験に遭遇する大学生活は、時に、山あり谷あり。そんな困難や悩みを抱えた学生たちに寄り添い、支えているのが「学生総合支援センター」です。現在の取り組みやこれからについて紹介しましょう。
記事内容
  • 将来を見据えたキャリアマネジメント力を養う キャリア形成支援ユニット
  • 多様な学生のための学びの場を整備 インクルージョン支援推進室
  • 大学でまなぶための基本スキルをサポート 修学支援ユニット
海藻の未来を切り拓く!
日本で海藻が採れなくなっている?養殖で増やすことは可能?海藻研究における日本屈指の専門家、教育研究部門総合科学系の平岡雅規教授が解き明かします。
記事内容
  • アオノリの陸上養殖に日本で初めて成功!
  • 産学連携の共同研究でこれまでにない海藻養殖へ
  • バイオマスとしても海藻は利用できる!
日本の大学で学べるのは高知大学だけ⁉ローンボウルズの謎と魅力に迫る
スポーツ科学実技「ローンボウルズ」
ローンボウルズという競技、知っていますか?知る人ぞ知る、というよりも、知っている人がほとんどいない、超マイナーなスポーツ。高知大学ではこのローンボウルズの授業を、日本の大学で唯一、開講しています。どのような授業なのか、担当教員の川本真浩教授に話を聞きました。
記事内容
  • シェークスピア作品にも登場する人気スポーツ
  • 体力に自信がなくても上達できるのが魅力
  • 体育の授業なのに歴史や社会も学べる!
世界初!脳の謎に迫る
“光る物質”
を研究
世界で初めての研究が、高知大学で成功しました。実験動物で脳のより深い部分の観察ができる“光る物質”をつくり出したのです。理工学部の仁子研究室でどのようにこの物質が生まれたのか。その取り組みと成果を紹介します。
記事内容
  • これまでにない強い光で脳の深部を探れるように
  • 光る物質の合成は困難の連続だった
  • 実験と研究の成果 そして新しい蛍光物質
社会で役立つ重要スキル
ファシリテーション
を学ぶ
近年、社会人の必須技術として注目されているファシリテーション。どういったもので、大学生が学ぶ意義は何なのか、地域協働学部の俣野秀典先生にレクチャーしてもらいました。
記事内容
  • コミュニケーションを最大化する技術
  • 「養成道場」で修行し、「学生ファシリテーター」に!
  • 得難い経験ができる演習でのオブザーバー役
  • リモート授業でも話し合いは問題なく進行

高知大学創立75周年記念に向けて

A GLANCE INTO THE PAST